潜在意識

Oリングテストは本当?始まりとその活用法

あなたは「オーリングテスト」という名前を聞いたことがありますか?

 

最新医療技術や血液検査ではわからないような、

病気を早期発見できる方法としても知られています

 

日本では知名度こそ低いものの、海外では

オーリングテストを用いる人も増えているのです

 

オーリングテストとはどのようなものなのか?

テストのやり方について、ご紹介していきます

 

Oリングテストとはどんなものか?

Oリングテストは、日本人が考えています

大村恵昭さんという方によって考案された、代替医療の診断方法の一つです

 

正式な名前を「バイ・デジタルO-リングテスト」といいます

 

テストを通して身体の不調を診断できるだけでなく、

処方される薬剤が本当にその人にあっているかどうか

適合性の判断にも使われています

 

大村博士は、コロンビア大学でがんの専門医としてトレーニングを受けるも、

抗がん剤や放射線治療の限界を感じます

 

東洋医学では圧痛のある部位には、すでに病気が進行しているとし

指でリングを作ることで、簡単に輪が開くところに不調の原因があるとしたのです

 

Oリングテストのやり方

テストのやり方

  • 自分の親指と人差指で輪を作ります
  • その輪が切れないようにしっかりと力を入れた状態で、他の人に輪を引っ張ってもらいます
  • ここで、できるだけ輪が壊れないように抵抗します
  • それでも輪が切れてしまうなら、自分では気付いていないだけで身体のどこかに不調がある証拠です

 

指の筋肉は、人間の身体の中でも最も柔軟に働く場所です

そのため繊細な動きができるだけでなく、優れた運動期間です

 

脳と直結していることからも、わかるといわれています

 

自分に有害な物を見極める等に使えるOリングテスト

オーリングテストでは、身体に不調がある場合、

髪の毛1本でも軽く触れただけで開いてしまうことがわかっています

 

オーリングテストで該当する部位では、感度が非常に高くなると考えています

 

オーリングテストがすごいのは

胃がんの患者さんが細胞の標本を持って、オーリングテストをすると共鳴がおき、

がんの場所がわかる、とまでも言われています

 

オーリングテストを使えば

必要な臓器に薬が届いているかどうかも調べることが出来るのです

 

■まとめ

オーリングテストは、日本では医学的に認められているものではないにしても

身体の不調を早期発見できる方法としても知られています

 

症状が悪化してしまってからでは、病気を治すのは簡単な方法ではありません

早期発見できるかどうかが

そのあとの人生を決めるといっても過言ではないのです

 

-潜在意識

© 2020 松本良助のブログ