高次元とのつながり

日本の超古代文明

あなたは地図を見るのが好きですか?

私は子供の頃から、地図を眺めるのが大好きでした

特に地球儀などは、長時間見ていても飽きません

 

初めて自分の住んでいる日本列島を見たとき、世界の大きさに驚きました

南北に長い日本を見ていると、その形の美しさを感じたりしませんか?

 

まるで龍のような形

とても複雑な複雑な形をしています

 

日本よりも大きな島はありますが

例えばグリーンランドやマダガスカル島なんかは、平凡な形ですよね

 

日本のこの形には何か意味があるのではないか?

そう考ている人が少なからずいます

日本列島の形には意味があって、特別な国なのではないか?というものです

 

世界の縮図のような日本列島

南北に長く、形が複雑な日本列島

でもこの形何かに似ていると思いませんか?

主要な4島と世界の大陸を比べてください

 

たとえばオーストラリアは四国に似ています

そしてアフリカは九州に似ています

 

そう実は、世界地図に似ているのです

ご存知でしたか?

 

南北アメリカ大陸を、そのまま移動すると・・・

なんと世界が日本列島にとても良く似た形になるんです

こちらはメルカトル図法なので

赤道付近にあるアフリカやオーストラリアや南アメリカ大陸は

小さくなってしまいますが、それでも似ていますよね?

 

また、カスピ海が琵琶湖に、エベレストが富士山に対応していたりなど

地形を見ても類似点があります

 

この話は昔から言われていて、日本に漢字が伝わる以前に神代文字で書かれたとされる竹内文書から、

大本教の出口王仁三郎、その弟子であった岡本天明の自動書記によって書かれた日月神示にもあります

 

これら文書には、とても信じられないことが記載されていました

 

知られざる超古代文明

その驚くべき内容とは、日本の初代天皇は神武天皇ですが、

それよりはるか前から皇統は続いていて

日本が世界の中心、そして天皇が空を飛ぶ船(天の浮舟)に乗って世界中を統治していたというもの

 

また竹内文書は、あまりにも信じがたい内容であるため

現代では偽書だと言われていますが、あなたはどう思いますか?

日本が世界の中心であったとすると、都合が悪いのでしょうか?

 

でも地球の歴史を考えたとき、超古代文明が存在したとしても

なんら不思議ではありません

 

46億年も前にできた地球で、人類か出てきたのがたったの400万年前

桁が違います

 

地球の歴史を1年間に短縮したとすると

1/1から始まり、人類が現れるのはなんと1年最後の大晦日12/31日

そして、文明と呼べるものが出てくるのがカウントダウンが始まる頃

最後の1分前です

 

これだけ違うと、記録が残っている時代より前に、

忘れられた文明があっても不思議ではないですよね

文明が発達したり滅んだり、それが何度もあったとしてもです

 

それを裏付けるような物も、世界中で見つかったりしています

失われたテクノロジーで作られたオーパーツなど

その記憶を伝えているのが、神代文字で書かれた竹内文書や

高次元との繋がりによって自動書記で書かれたという、日月神示なのではないでしょうか

いつか解明される日が来るといいですね

 

-高次元とのつながり

© 2021 松本良助のブログ