高次元とのつながり

エンジェルナンバーにも悪い意味はある?

あなたは「エンジェルナンバー」を知っていますか?

買い物をしたら、お釣りがちょうど777円だったり、ふと時計を見たときに1時11分だったなど、同じ数字が偶然に重なったり並んでいたりすると、何か意味があるのではないか?と気になりますよね。

スピリチュアルの世界では、これらの数字を意味のあるものとして、天使からのメッセージ、『エンジェルナンバー』と呼びます。

ゾロ目の場合と自分の誕生日などのエンジェルナンバー、その意味とは?

数字にはそれぞれに意味があります。例えば数字がゾロ目で並んでいるとき、どの数字なのかによってもメッセージの意味が変わってきます。

ここで簡単にエンジェルナンバーの意味をご紹介していきます。

 

例えば、1は新しい始まりを意味する数字になり、111とゾロ目が並んでいると、「あなたの望むとおりの人生が始まろうとしている」ことを表します。

222は堅実や現実の意味があり、「あなたが選択している道や願う道は正しくまっすぐ進むことで願いが叶う」としています。

ラッキー7ともいわれるように、777がゾロ目になっていると、「あなたの願いがまもなく叶うサイン」です。

 

また、エンジェルナンバーで自分の誕生日と同じ数字の並びに遭遇することもあります。

この場合は、重要な意味があると考えてもいいと思います。誕生日はあなたがこの世に生を受けた日になり人生のスタートです。

一度自分の人生を振り返り原点に戻ることの大切さを教えてくれています。

また、新しい歩みの始まりでもあり、今まで努力して頑張ってきたことの結果が出るタイミングかもしれません。

努力している人は天界にいる神様が必ず見ているという証拠でもあります。

 

見ると悪い意味になるナンバーとは?

多くの人が死を連想させる数字として「4」や「9」の数字を見ると嫌な気持ちになる人もいるかもしれません。

確かに444や999などのゾロ目が並んでいると、何か嫌なことが起こる前触れのようにも感じます。

 

でも4は「あなたを天使が見守っています」という意味がありますし、9は「あなたには使命があります」といった意味を持っています。

999は今のステージを卒業し人生の使命に従って生きるように、天使が導いてくれているとも考えられているのです。

数字のイメージと本来の意味がエンジェルナンバーでは異なるケースもあります。

 

ナンバーが良い意味なのか悪い意味なのか?

特に悪い意味があるのかきになりますよね?

 

しかしそもそも、良い悪いは人によって違います。

 

例えば、病気になったおかげで、支えてくれた家族に対して、今まで感じれなかった感謝の気持ちがでてきたりしますよね。

また、もしかしたら体を一定期間休めることで、本来ならもっと大変な目に合うはずだった事を、避けられたのかもしれません。

 

逆に、一見良いことと思われがちなことでも、人生振り返ってみると「あの時が下り坂になる分岐点だった…」というのもよくある話です。

宝くじで高額当選した人が、その後に本当に幸せな人生を送れるとは限らないという話を聞いたことがありますよね?

お金でトラブルに巻き込まれたり、豪遊して無駄遣いをして借金を抱えてしまったり、働く意欲も無くなりますし、家族間でのいざこざが起きるなんてことも。

 

こんな風に考えると、悪い意味ということではなく、あなたにとって『人生を左右するような何か大きな出来事』があるときなどの前触れとして見ることがあるのです。

ですから、エンジェルナンバーの悪い意味としてで言うなら、あなたにとって大事件が起きる前触れのような数字こそ注意しましょう。

 

■まとめ

偶然見かけた数字に何か意味があると考えると面白いものですよね。

何度も同じ数字の羅列に目がいったり、気が向くときは天使や神様からのメッセージが隠れている可能性があります。

メッセージを素直な気持ちで受け取ってみてくださいね。あなたを幸運に導いてくれるはずですよ。

そして、悪い意味なのではないかという直感が働いたのなら、今の生活を見直して見ることをおすすめします。

 

-高次元とのつながり

© 2020 松本良助のブログ