引き寄せの法則

天動説の復活で神の存在を知る

地球といえば宇宙に浮かぶ球体である

まさかこれを疑う人は

いないのではないでしょうか

 

しかし信じられないことに、

現代でもそんな常識とは真逆の考え方が

広まっています

 

アメリカを中心に広がる

地球は球体ではなく平らであるというもの

この考え方を「フラットアース」

と言います

 

そもそも、どうしてフラットアースが

唱えられるようになったのでしょうか

 

フラットアースとは何か?

地球は球体なのは

学校の授業で習い、映像も見ているため

誰もが当たり前だと思っています

 

でも大昔のように、

地球は球体ではなく円盤形をしていて

平だと考える、地球平面論者が存在します

 

地球が太陽の周りを回っている地動説は

今では当たり前の常識ですが、

昔は違いました

 

空の星が動いて見えるように、

地球を中心として天が回っていると

考えられていたのです

 

最近のフラットアース論は、

まさにこの天動説の復活になります

その世界観とは、

 

北極を中心として土地が平らに広がり

外側を氷の壁に囲まれた円盤の上に

人類は立っているという考え方

この氷の壁が、

地図にある南極大陸なのです

 

空はドーム型となっているので

空気は逃げず

その中を太陽と月がぐるぐると

円周運動しています

星は天井に映し出される単なる映像です

 

著名人にもフラットアース理論を

唱える人も多く

地球が丸であると写真を見たとしても、

その写真自体が本物であることが

疑わしいと考えています

 

フラットアース理論は

アメリカで多い思考になりますが、

近頃はイギリスでも支持されるなど、

世界的な広がりを見せています

 

単純に地球は平らだと信じている

人もいれば、なにかしらの陰謀が働き

丸いと信じ込まされていると

考える人もいます

 

誰もが当たり前のように

宇宙に行けるようになるまで

地球が球体なのか、フラットなのか

本当の姿は分からないと考えています

 

私達人類は、

宇宙から見た地球の映像や

月にまで到達したアポロ計画を

知っているので

 

こんな荒唐無稽な話は信じられないと、

一笑に付されると思うのも当然ですが

適当に言われているわけでもなく、

実はいろんな根拠もあるようです

 

ネット上にあるフラットアースの根拠まとめ

ここからはネット上にある「本当に

フラットアースって言ってあるかも?」

と思わせるような、根拠をご紹介

していきます

  • 地球が平面であるとの考えは、古代から存在している宇宙論の一つで、聖書にも記されている
  • 国連などの国際機関のマークの多くでフラットアースを示している
  • 本当に月に行けるなら、当時より技術力が上がりコストもかからなくなるはずなのに、何十年も行っていないのはおかしい
  • 月が太陽と同じ大きさに見える、同じ面を向けている、地球の衛星としては巨大すぎるなど、偶然にしては出来過ぎている
  • 高いところから撮影しても、地球は平面に見える映像が多数あり
  • 1959年に南極条約が締結され、許可なく立ち入れなくなり、航空機も最短ルートであっても飛ぶことができない
  • 月の満ち欠けで、影になっている部分に星が撮影される
  • 宇宙からの地球を見た映像では、魚眼レンズが使われているのが確認できる
  • 球形ならば、本来は地面の下に隠れてしまうはずの島などがなぜか見える
  • 新幹線のレールの設計においては、地球の湾曲率を計算に入れていない

これはほんの一部です

ネット上には、この他にもたくさんの

証拠となる映像などがあります

 

フラットアースなら人は生かされている

フラットアースの考え方は、

その人によっても様々です

 

それぞれというのは、

引き寄せの法則、波動同調の法則でも

信じていればその人の世界では真実です

 

人それぞれ信じているものが違っても

良いのですが

なぜかフラットアース論を話すと

常識人から攻撃されます

 

でも、そうであるからこそ

今まで当たり前のように思っていることが

もし違うとしたら面白いですね

 

地球がフラットだとすれば

今までの考え方も

すべてが変わってきます

 

それは、

なぜこのような入れ物ができたのか?

ということ

 

神様が作ったのか?

それともかなり高度に発達した

技術力を持つ宇宙人が作ったのか?

 

これまでの地球の成り立ちや

生物の進化論は、

奇跡のように自然にできた訳では

なくなります

 

人間は完全に作られた世界で

生かされている存在となります

 

地球は本当に球体なのか

もしくはフラットなのか

一度自分の目で見てみたいものですね

 

人生を終えたとき、

全てを理解できる様になるのでしょうか

 

私のおすすめ教材集

-引き寄せの法則

© 2021 只野良助 公式サイト