メンター

内向的な性格に悩む必要なし、逆にメリットに変える方法

会社や学校では

朝は元気よく挨拶しましょう!

と言われます

 

これが日本の常識でした

 

新入社員のころ、やたらとテンションの高い上司から

「おはよう!」「なんだお前元気ないな」などと言われ

 

朝礼では声が小さいので「もう一回やり直し」「腹から声を出せ!」

なんて言われます

 

あなたはサバサバした性格で何でもズバッと言えるタイプですか?

そうでなければ、今まで生きづらさを感じてきたのではないでしょうか?

 

体育会系のノリが苦手で内向的な人が目指すべきところ

元気よくハキハキと挨拶のできる人が、社会ではもてはやされています

 

でもこれが苦手な人もいるんですよね

私もずっとそうです

 

朝礼で元気よく安全唱和、指差し確認なんて言われると、それだけでテンション下がります

 

あなたも内向的な性格なら、なるべく元気よく見せるように努力してきたけど

テンション高い人にはなれなかったですよね

 

しかしです

人間には元々の生まれ持った性質もあります

無理に本来の自分のキャラクターを変える必要なんかないのです

 

そして内向的な人には、メリットがたくさんあります

内向的に生まれたことに、逆に感謝したくなるかもしれません

 

古い価値観が壊れ、内向的な人が成功していく時代

未だにハンコペタペタ

お辞儀ハンコなんてものまであります

 

このお辞儀ハンコというのは

上司がハンコを押す場所に向けて、まるでお辞儀をしているかのように

わざと斜めにハンコを押すことを言います

 

ハンコの押し方ひとつで忠誠心を表しているのですね

 

でも、こういったことを違和感もなくできるのは体育会系の人達です

会社は上司の言うことを徹底的に守る人を欲しがります

それをさらに下の者に厳しく指導してくれるので、経営陣は楽です

だから会社としては、体育会系の人材は重宝されます

 

なので、内向的で元気に挨拶するのが苦手な人は会社での立場は弱くなります

 

 

でもインターネットが普及して、個人が顔出し無しでも発信できるようになった今

今まで社会的な弱者だった、人見知りで大きな声で挨拶もできない内向的な人が

ネットビジネスで稼げるようになりました

 

独りネットビジネスで成功している松田豊さん

どんな人に憧れ、どんな人生を送りたいのか考えたとき

元々の性格が引っ込み思案な人なら、体育会系の成功者をメンターにするより

同じ性質を持つ成功者をメンターにした方が、当然成功しやすくなります

 

顔を出さない独りネットビジネスという分野で

成功者をたくさん排出しているのが松田豊さんです

 

いくら成功してるからと言っても

元気無い人が、ムダにテンション高い人に憧れると辛くなります・・・

 

逆に体育会系のノリの人が、松田さんのような成功者を見ると

「スピリチュアル、引き寄せなんて気持ち悪い、早くテクニックを教えて欲しい」

となってしまうでしょう

 

安定して成功したいなら不思議な力を信じる

「俺は目に見える物事しか信じない」

「引き寄せなんて言ってるやつは気持ち悪い」

「頑張ってライバルを蹴落として成功したい」

という人がいます

 

本当に生まれ持った根性と実力があるなら、この方法でも成功できます

 

しかし会社で「腹から声を出せ!」なんて言われてるタイプなら

YouTubeに顔を出せるようなタイプでないなら

 

松田豊さんのような方をメンターにするのが良いです

松田さんが成功している理由は、元々エリートだったからではありません

努力や根性でもないです

 

では何かというと、不思議な力を使っています

仕事のアイデアも、ゼロポイントフィールドと繋がって得ています

 

ゼロポイントフィールドとは、

人類すべての情報が詰まっているアカシックレコードのようなものです

 

世の中が景気が悪いだとか

オワコンの産業だとか

そういったことが全く関係なくなりますね

 

まとめ

あなたが内向的な性格でも、元気にハキハキと話す人になる必要はありません

そんな人に憧れて無理になろうとしても

本来の自分の持ってる性質とは違うので、辛くなります

 

自分にあった成功者から教えてもらうべき

松田豊さんは、努力や根性ではなく、不思議な力を使って成功しています

 

-メンター

© 2020 松本良助のブログ