潜在意識

夜目覚めた瞬間に見える気持ち悪い幻覚

あなたは、夜中にハッと目が覚めたとき、空中になにか動くものが見えた

そんな経験をしたことがありませんか?

 

目を開けた瞬間に、いきなり何か浮いていたら、びっくりしてしまいますよね

お化けじゃないかと思い、一瞬ドキッとしてしまいます

 

ですが、いつもそれは5秒もすればスーッと消えてしまいます

つまり幻で、幻覚を見ているだけです

 

そんな目覚めた瞬間の幻覚について、インターネットで調べてみると、面白い共通点がありました

なぜか同じような物を見ているのです

 

目覚めた瞬間にクモの幻覚を見るという共通点

夜寝ていて、目が覚めた瞬間に見える幻覚はパターンがあります

 

私にいつも見えるのは、クモのような生物

大きさは20〜30センチもあり、気持ち悪いクモのようなものが、

足を動かしながら天井付近を移動していきます

 

色は暗い色で、モゾモゾと数秒間動きます

そして消えていきます

 

 

この現象は、子供のころからありました

 

私だけなのかと思って誰にも言わないでいましたが、最近インターネットで調べてみたところ

同じような人が、たくさんいることに驚きました

ヤフー知恵袋にも、同じような質問がされています

 

なぜいつもクモなのか?

 

会ったこともない日本中のいろんな人に、なぜか共通しているのが不思議です

 

よく、生死をさまようような状況になったとき、

同じような夢を見たりすると聞きます

臨死体験と言われるものです

 

例えば、光が導いてくれたり、三途の川や、綺麗な花畑など

 

なんで同じ体験をするのか?

それを死後の世界が存在する証拠だと言う人もいますが

そればかりは分かりません

 

でも、夜に目が覚めた瞬間に同じ幻覚を見たりすることを考えると

やはり、人間が潜在意識の奥深くで繋がっているということなのでしょう

現代の科学では証明できない潜在意識、凄いです

 

-潜在意識

© 2020 松本良助のブログ