オーラ

オーラの種類と見るための練習方法

 

よく「あの人はオーラがあるね」なんていいますが、

そもそもオーラとはどんなものか知っていますか?

 

芸能人や大会社の社長など

『特別な人だけが持っているもの』

と思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません

 

実はみんなが持っており、それぞれに違いがあります

 

今回は、そんなオーラについて

その種類や、見るための練習についてご紹介します

 

オーラを育てる方法さえ知っていれば、

あなたにしかないオーラを引き出すこともできるのです

 

オーラとは?実在するの!?

オーラとは、目には見えないものになり

『生体から発している霊的なエネルギー』

のことです

 

こう聞いて、

「怪しい、見えない物は信じない」

という方は、ここでページを閉じて下さい

 

でも何故かオーラは、日本だけの話ではなく、

世界共通の認識として広まっていますよね?

 

そう考えると、見えない何ががあると考える方が自然です

 

人間の身体は“エネルギーフィールド”と呼ばれる、卵型の層に包まれています

これこそが、オーラと呼ばれるものの正体です

 

生命エネルギーでもあり、人間が生きていくうえでは

オーラがあることが自然なことだと考えられています

 

そもそもオーラとは、言葉を介さないコミュニケーションのようなものです

 

現代は、言葉や文字を使って相手に気持ちを伝えるのが一般的なので、

オーラを介したコミュニケーションが希薄になってしまいがちです

 

誰でも持っている方法でありながら、そのやり方を忘れ閉ざしてしまっています

 

オーラを出す為には、自分に正直になること

無理に引き出すのではなく、自分が心から幸せを感じることが大切です

 

色・形・大きさによる診断

オーラには、幽体が放つアストラル体のオーラと、

霊体が放つエーテルに分類されます

 

オーラというと大抵はアストラルを指すことが多く、

例えば健康状態についてもわかります

 

赤やオレンジなどの暖色系だと健康

逆にブルーなどの寒色系だと不健康などの意味があります

 

エーテルでは、主に人間の頭から多く放たれていることが多く、魂の性質のようなものです

 

例えば赤のオーラが出ていれば、生命力に溢れバイタリティのある人

自分の感情を積極的に伝えるので、ときには自己中だと思われてしまうことも…

 

誰しも1色だけのオーラが出ていることはなく、

いろいろなオーラが混ざり合っています

 

オーラが見えるようになるためには?

オーラが見えるようになるかどうかですが、

もともとの霊的な性質に影響することもあります

 

霊能力を使うので、訓練して身につけられるものではないのです

 

もしどうしても見たいというのであれば、

部屋の電気を消し薄暗くして、白い壁に手のひらをあて10分リラックスします

 

指先からゆげのようなものが出てくるのがオーラです

 

オーラを見るのは、もともとの霊力によっても変わりますが、

誰でも持っているものであり、フェロモンのようなものでもあります

 

オーラを出すためには自分を大切にして、

キラキラ輝くような経験をたくさんし

 

自分の感情を抑え込まないようにすることが重要です

 

 

-オーラ

© 2020 松本良助のブログ