不思議な話

【常識をぶっこわす話題】太陽は冷たいと主張する科学者もいる

おひさまがポカポカと気持ちいいとき

手をかざすと、暖かさを感じますよね

 

太陽が燃えているから温かいんだ
ありがたいな、と思えます

でもその認識
間違ってるかもしれません。

 

今回は、『太陽は冷たいのではないか?』
という話と、その有力な根拠について
まとめてみました

 

あまりにも非常識な内容で、
戸惑われるかもしれません

しかし、
NASAの関連機関で研究をしていた
物理学者の川又審一郎さんも、
この説を主張しています

 

他にもこういった説を、
昔から真面目に考えている学者も
たくさんいるのです

 

単純に考えるとイメージとは違うこと

キャンプで火を燃やしていると暖かくて

見ているだけで落ち着きますよね

 

炎に近づけば熱くなり、
離れれば熱さを感じなくなる

ストーブでもそうです

これは当たり前の話です

 

しかし、太陽をこれと同じイメージで
想像してみると、

おかしな部分があることに気付きます

 

地球から空に向かって飛んでいったとき
上に行けば行くほど寒くなります

 

だんだん宇宙へ行くにつれて寒く、
そして暗くなります

太陽に近づいているのに

なぜ逆に温度が下がるのでしょうか?

熱の伝わり方をイメージしたとき、
これは理解に苦しみます

 

太陽の不思議な現象

太陽の温度の分布も不思議なのです

中心の温度は1600万度で、
表面にいくほど温度は下がり6000度
となります

 

とんでもない熱さですが、

だんだん温度が下がるので
ここまでは理解しやすいのですよね

 

ですが、なぜかここから逆に
外側に行くほど温度が上がります

太陽の大気ではなんと

100〜300万度と一気に熱くなります

 

実はこの理由については、
現在でもはっきりと解明されて
いるわけではありません

ここまでをまとめると、

太陽の中心が16000000℃
太陽の表面が6000℃
太陽の大気が3000000℃
宇宙空間が−270℃
地球の平均気温が約15℃

となります

 

地球の大気が適切な温度になるような
働きをしているのですが、
とても不思議ですよね

 

私達が生活の中で想像するような、
火が燃えているイメージではないのです

 

人類は、一番近い恒星のことでさえ、
まだ良くわかっていない部分もあるのです

 

私のおすすめ教材集

-不思議な話

© 2021 只野良助 公式サイト